ウォーキングの歩き方ポイント7選!シューズの選び方やコツとは?

ウォーキングは健康維持やダイエット、美容に効果がある運動ですが、単純に歩くだけでは効果は薄いものです。
どうせやるなら効果的に、正しい歩き方でウォーキングを行いましょう。

スポンサードリンク

効果的なウォーキングの歩き方のポイント

ウォーキングフォームには気をつけるポイントが幾つかあります。
今回はその中でも7つ紹介します。

1.身体の軸は揺らさない

身体の上下左右の余分な揺れに注意しましょう。
頭は揺らさずしっかりと、ムダに動かさないように意識すると、身体の軸がブレずに歩くことができます。
軸のある歩きは内蔵脂肪を燃焼させやすくします。

2.目線はまっすぐで

美しい姿勢で歩くのはウォーキングの基本です。
美しい姿勢を作るには、あごを軽く引き、10mほど先を見る感じで歩くとよいでしょう。

3.肩の力を抜いてリラックスする

腕の振りをスムーズにすると歩きが軽快になります。
そのためには、肩は力を抜いて歩くようにするとよいでしょう。

4.ヒジは軽く曲げて振る

ウォーキングでは脚に注意が向きがちですが、歩くためには腕の振り方が重要だったりします。
肘を軽く曲げて歩くようにしましょう。
そうすることで、腕は疲れにくくなります。
また、腕を大きく振れば歩幅が自然と広くなります。

5.腰の回転を意識する

腰の回転を意識して歩くと、自然と歩幅が広がります。
加えて、腰が動くことで、股関節周辺の筋肉が使われることになり、運動効果もアップします。

スポンサードリンク

6.着地はヒザを伸ばして踵から

膝を伸ばして歩くようにしましょう。
そうすれば、自然と踵から着地できます。
かかとから着地すると歩幅が上がるメリットがあるのです。

7.踵で着地→つま先で大地を蹴る

着地は踵から。
そして、体重を親指のつけ根に移動し、つま先で大地をキック。
次の歩きに繋げましょう。

ウォーキングシューズの選び方は?

ウォーキングに欠かせないものと言ったら、ウォーキングシューズですよね。

ウォーキング用のシューズは、大まかに以下のポイントで選びます。

 ・指先が余裕をもって動かせるもの
 ・踵がしっかりした靴

また、「踵のしっかりした靴」とは以下のポイントで選ぶとよいです。

 ・踵の部分がしっかりと包み込まれているか
 ・靴底は、踵の部分が少し広めで、ショックを十分に吸収できる厚さか
 ・踵、つま先、足の甲など、靴擦れになりにくそうか

この他に、土踏まずがシューズのパットにフィットしているとなおよいです。

その他ウォーキングのコツとは?

ウォーキングというと、ついペースを上げて歩きがちになりますが、無理は禁物です。
呼吸が乱れず、自分の自然なリズムで歩くのがいちばんです。

歩行は連続でも構いません。
まとまった時間がとれなくても、ちょっと時間を見つけて歩くようにしましょう。
一気にやるよりもコツコツ行う方が健康にはよかったりします。

スポンサードリンク

コメントを残す

*