アブラムシ対策に効果あり!?自然農薬の牛乳スプレーの作り方

ガーデニングで花や野菜を育てていると発生するアブラムシ。
植物の茎や葉に住み着き、植物の師管液(植物の栄養を運ぶ汁液)を吸い、生育を悪くさせます。また、アブラ虫の排泄物はすす病の原因とない葉を縮れさせたり葉や枝を黒くさせたりもします。
一匹ではたいした被害はありませんが、群生することで、植物に深刻な被害を及ぼすことが多々あります。

アブラムシを駆除するには殆どの殺虫剤や農薬がが有効で、お店で売られているものの大半は効果ありです。
しかし、殺虫剤や農薬はそのほどんどが植物にもよくない効果を与えることがしばしば。野菜や果樹を育てている場合は自分も口に入れるものとなるので、できれば市販の農薬は避けたいところ。
今回は、アブラムシを駆除し、身体にも優しい、手作り牛乳スプレーの作り方をご紹介します。

スポンサードリンク

牛乳スプレーの詳しい作り方と使い方

スプレー

スポンサードリンク

用意するのはスプレー容器と牛乳。
やり方は、牛乳をスプレー容器に入れて、アブラムシに直接スプレーします。
牛乳は薄めずにそのままスプレーしてください。ちょっと勿体ないですが、薄めると効果が出ないことが多いです。

アブラムシは多湿を好むので、葉の裏側にいることもありますので、そちらも忘れずにスプレーしましょう。

スプレーした後は、牛乳を乾かします。
アブラムシは、牛乳の膜に覆われて、膜が乾く際に縮むことによって窒息死します。
そのため、牛乳が乾きやすいよう、スプレーは晴れた日の午前中に行うのがよいでしょう。

乾いた後は、水を撒いて牛乳を洗い流します。

牛乳スプレーで気をつけること。

上述のとおり、牛乳スプレーは牛乳をアブラムシに纏わせて乾かせることにより駆除する仕組みです。そのため、乾かせないまま牛乳を洗い流しても効果はありません。
「乾かせること」が大切なので、洗い流す前に乾いている事を確認しましょう。

また、牛乳スプレーはまれに牛乳特有の匂いが残ってしまうことがあるようです。
綺麗に洗い流せば問題ないですが、どうしても気になる方は、牛乳の代わりに片栗粉を使用するのも有効です。アブラムシを膜で包んで乾かすという原理は同じなので、洗い流しを忘れずに行うようにしてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

*