靖国神社のみたままつり2015の屋台や楽しみ方は?日程は?

「みたままつり」は日本古来の盆行事にちなみ1947年から行われており、都内でも最大級の規模・高い知名度を誇るお祭りです。
期間中、境内には大小3万を超える堤灯やねぶたなどが九段の夜空を美しく彩り、本殿では英霊を慰霊する祭儀が執り行われます。

みたままつりの2015年の日程や屋台の出店や楽しみ方について紹介します。

スポンサードリンク

みたままつり2015の屋台は?

みたままつりの魅力の1つに屋台があります。毎年150近くの屋台で賑わいをみせます。
しかし、2015年は露店(屋台)の出店がなくなります
靖国神社のHPに以下のように告知されています。

本年のみたままつりは、例年通り7月13日から16日の4日間齋行の予定ですが、

近年、予想を超える人出により、様々な問題が発生しており、

その解決に向けて、当分の間、

みたままつり期間中の外苑参道の露店の出店を見合わせることといたしました。

ご遺族・崇敬者の皆様には、何卒ご理解をいただきますようお願い申し上げます。靖国神社ホームページより

毎年、屋台の数が多く種類も豊富で珍しいお店も多いお祭りだっただけに出店の見合わせは残念です・・・。

みたままつりの見どころや楽しみ方は?

2015年より露店の出店はなくなってしまいましたが、屋台以外にもみたままつりの見どころは沢山あります。

境内を幻想的に彩る献灯

英霊への感謝と平和な世の実現を願って掲げられている提灯です。
数は約3万個と圧倒される規模。
夕刻から献灯にあかりが灯り、とても幻想的な雰囲気です。
日本の夏祭りらしい情緒を感じることができます。

スポンサードリンク

なお、この献灯は誰でも申し込むことができます。
大型献灯は1灯12,000円、小型献灯は1灯3,000円です。

都内で一番早い盆踊り

前夜祭を含めて全日の夜に参道の中ほどで開催されます。
希望すれば飛び入り参加もできます^^

名物行事「神輿振り」

みたままつりの名物・神輿振りは御霊に奉げる伝統ある祭事です。
人をかき分けながら神輿が参道を進む姿は祭りの醍醐味。
これぞ日本の夏!と感じるはずです。

東京で青森ねぶたを見れる

祭り期間中の夜に登場する青森ねぶたもみたままつりの恒例行事です。
膨大な献灯を背景に勇壮な曳きは本当に圧倒されます。

みたままつり2015の日程は?

  • 日時:
  •  2015年7月13日 18:00~22:00
      みたままつり前夜祭

     2015年7月14日 18:00~22:00
      みたままつり第一夜祭

     2015年7月15日 18:00~22:00
      みたままつり第二夜祭

     2015年7月16日 18:00~22:00
      みたままつり第三夜祭

  • 開催場所:
  •  千代田区九段北3-1-1 靖国神社境内

  • アクセス:
  •  <電車の場合>
     ・東京メトロ東西線ほか九段下駅より徒歩5分
     ・JR中央線ほか飯田橋駅・市ヶ谷駅より徒歩10分
     <車の場合>
     ・首都高速代官町ICより約1km

  • 駐車場:
  •  100台。60分400円、以降30分毎に200円。

  • 問い合わせ:
  •  03-3261-8326靖国神社社務所

まとめ

2015年のみたままつりは屋台の出店がなくなった分、例年とは違った雰囲気になることが予想されます。
しかし、変わることなく、日本の夏祭りらしい昔懐かしい正統派な魅力が詰ったお祭りといえます。

スポンサードリンク

コメントを残す

*