ドトールバリューカードの裏技!コーヒーや紅茶がさらにお得に飲めるテクニック

全国に1300店舗を展開する大手コーヒーチェーン・ドトール(DOUTOR)

コーヒーの価格が比較的安いため、ちょっと一息つきたいときに重宝しています。

ドトールでは、ドトールバリューカードというプリペイド式のカードがありますね。

ポイントが貯まりやすく、会計もラクにできるメリットの多いカードですが、

このカードをさらにお得に使う方法があるのをご存じですか?

今回はその内容についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

ドトールバリューカードとは&利用するメリットは?

先にご紹介したとおり、ドトールバリューカードは年会費無料のプリペイド式カードです。

カードの発行手数料は税込300円。

ただし、購入時に300円分のポイントがもらえるので実質無料です。

 

チャージは1,000円以上、1,000円単位でチャージする事ができ、チャージした金額はお店で利用することができます。

また、2,000円以上のチャージで金額の5%、購入時100円毎に1ポイントのポイントが貯まります。

 

貯まったポイントは10ポイント=10円単位でドリンク、フード、コーヒー豆などのドトール全商品で利用可能。

利用可能なお店も、ドトールの他に、エクセルシオール カフェ、カフェ レクセル、ル・カフェ ドトールが対象となっています。

 

また、シルバー、ゴールド、プラチナと3つのランクがあり、

年間購入金額によってチャージ時のポイント還元率が変わります。

通常のシルバーランクは還元率5%、

ゴールドランクは年間購入金額2万円以上でなることができ、還元率は7%

プラチナランクは年間購入金額5万円以上で還元率は10%。

使えば使うほどポイント還元率がアップする仕組みになっています。

 

お得なドトールバリューカードをさらにお得にする裏技とは?

メリット盛りだくさんなドトールバリューカード。

普通に使っていてもお得なのですが、さらにお得になる方法があります。

それを実現するキーポイントはこの2つ。

1.ボーナスポイントデー

ドトールバリューカードは毎月1日にチャージするとボーナスとして10ポイントが得られます。

スポンサードリンク

ボーナスポイントのプレゼントは1日1回のみで毎月5日までに付与されます。

2.クレジットチャージ

ドトールの会員サイト「マイドトール」ではクレジットカードでチャージすることができます。

店舗ではクレジットカードでのチャージはできません。

もちろん、1回のチャージ金額が2,000円以上で5%分のポイントが貯まります。

 

ボーナスポイントデーとクレジットチャージでポイントをゲット!

カンの良い方ならもうお気づきかと思いますが、

ボーナスポイントデーである毎月1日にクレジットカードでチャージすると通常チャージよりも多くポイントがゲットできます。

 

チャージ金額が2,000円以上だと、金額の5%に商品購入時の1%、さらに10ポイントがついてきます。

クレジットチャージだとスマホやPCで済ませることができるのでお店に行く必要がないのも嬉しいところ。

 

さらに、利用するクレジットカードのポイントもゲットできます。

高還元クレジットカード、(例えば、リクルートカード(1.2%)、DCカード Jizile(1.5%)、P-one Wiz(1.5%)など)でチャージするとさらにお得です。

 

ドトールバリューカードでTポイントとの二重取りはできる?

ドトールコーヒーはTポイントの加盟店、

Tポイントの提示で100円あたり1ポイントが得られます。

そこで気になってくるのは、ドトールバリューカードとTポイントカードの併用です。

 

ドトールバリューカード購入時とTポイントカードが併用できれば100円あたり合計2ポイント。

ポイント二重取りができるのか気になるところですね。

 

結論からいうと、ドトールバリューカードを利用するとTポイントの付与はないので、

Tポイントカードとの併用はできません。

 

上記で紹介したとおり、ドトールバリューカードの方がポイントの還元率は良いので、

ドトールをよく利用するならドトールバリューカード、

たまに利用するならTポイントカード提示と使い分けるのがよいですね。

 

ドトールバリューカードお得情報まとめ

通常使うだけでもポイントが良く貯まるドトールバリューカードですが、

毎月1日に2,000円以上をクレジットチャージするとさらにポイントが貯まりお得です。

クレジットカードのポイントとあわせて二重取りもできるので、

ドトールをよく利用するならぜひこの方法を取り入れてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。