解約忘れ防止!Amazon「Kindle Unlimited」の自動継続を避ける方法

今年の初夏にAmazonが年に1度のプライムセールに向けた先行セールとして、

Kindle Unlimitedが2ヶ月99円

通常月額980円のサービスなので、かなりお得なセールでしたね。

1冊1,000円以上する本も読み放題に含まれるサービスなので、すぐに元はとれてしまいます。

しかし、そのままにしておくと継続されるので、解約を忘れてしまうと2ヵ月以降は月額980円を支払い続けないといけなくなります。

いくらお得なサービスでもそれは阻止したい…

「よし!覚えておいて期間が終わる間際で解約手続きしよう!」

とは言っても、うっかり忘れてしまわないか心配ですよね。

そこで自動継続を簡単に阻止できる方法をご紹介します。

自動課金を避けたい人は今すぐやってみてください。

Kindle Unlimtedを自動で解約する方法

具体的な操作方法をPC画面で説明します。

まずはAmazonにログインします。

画面右上にあるアカウント&リストをクリック。

アカウントサービスの中にあるお客様のKindle Unlimitedをクリックします。

するとこんな画面が出てきます。

ここで、メンバーシップを管理のKindle Unlimited会員登録をキャンセルをクリックします。

そうすると、この画面になります。

ここで、メンバーシップを終了をクリック。

「メンバーシップを終了…って、クリックしたらKindle Unlimitedのサービス終了しちゃうのでは?」と心配になりますが、

画面の上の方に、

特典の期限は2018/09/17です。それ以降はメンバーシップが終了し、お客様のカードへの課金は発生しません。

との文言が。

ここでクリックして終了させても、契約は期限いっぱいまで継続されるので安心です。

これで操作は完了です!

このままKindle Unlimitedのサービスを利用していても、期間がくれば自動的に解約されます。

 

Kindle Unlimitedの自動継続を避ける方法まとめ

もちろん、ご紹介した方法を行った後も、Kindle Unlimitedが気に入ってもう一度利用したい時は、自動解約された後に再度契約することもできます。

もともと月額980円で利用できるお得なサービスなので、読みたい本がKindle Unlimited対象で980円以上だった場合には、都度契約して、上の方法を使って事前に解約手続きしておけば、読みたい本だけ読んではい終わり!ってやり方もできます。

上手に活用して読書生活を楽しんでみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。