北海道や東北地方の冬で寒さに弱い人はどんな服装を着ればよい?

冬の季節、正月もしくは冬休みなどを利用し、北海道へ旅行に行ったり、東北地方へ合宿免許を取りに行く…など北国を訪れる人も多いと思います。

地元だとちょっと寒くても手持ちの薄手のコートやホッカイロなどで乗り切ったりもできますが、本格的に寒いところだとそうもいってられません。

寒さが厳しい北海道・東北地方で着る物(コーディネートや素材など)はどんなところに気をつければよいでしょうか。

スポンサードリンク

冬の北海道に旅行へ行くときに服装は何がよい?

寒さ対策というと、「厚着」をイメージしますが、
分厚いものよりも薄手のものを重ね着した方が暖かいです。
薄手のセーターでも2枚重ねすればかなり暖かいです。
肌着や靴下も同様です。

また、冬といっても、外は寒く・室内は暖かいので、
厚着よりも重ね着の方が簡単に着たり脱いだりして調節できるというメリットもあります。

冷気が浸入するのは首まわり、手首・足首まわりからなので、
この辺をカバーできるようにマフラーや手袋、足首を覆える靴下(ショートソックスじゃないやつ)は忘れず用意しておきましょう。
耳当てもあるといいですね。

コートは防風防雪を兼ねてフード付きが望ましいです。
外に長居することがない限り「雪国用コート」を用意する必要などは無いと思います。

北海道の室内の服装は?

北海道の室内はとても暖かいです。
場所によっては、関東よりも暖かいかもしれません。

ですので、春夏用の薄い長袖なども持っていると何かと便利です。
場所や人によっては半袖の人もいるくらいですから^^

外から室内に移動し厚着のままで汗をかいて風邪…などにならないようご注意を。

北海道や東北地方の冬の服装で靴は何を履くとよい?

北国の冬での服装で特に気をつけるべきアイテムは靴です。

スポンサードリンク

防水や防寒も大切ですが、特に気をつけることは「靴底」です

ここ数年、暖冬傾向とはいえ雪が多い地域だと長靴や防寒ブーツは必須です。
地面がアイスバーンで雪が氷結してるようなところなら、ツルツル底の靴は絶対に避けましょう。とても滑りやすいです。
ゴム製で滑り止めのきいた靴を選びましょう。

関東や暖かいところだと防寒ブーツを見つけるのも大変ということもあるので、靴底だけ雪仕様にするとうのもありだと思います。

時間的に余裕があるなら、通販で購入するのがいいかもしれませんね。
>>楽天-「防寒ブーツ」の検索結果

まとめ

冬に北海道・東北地方へ行く際は厚着よりも重ね着がおすすめです。
場所によって着たりして脱いだりして温度調節できるように用意しましょう。
手袋やマフラーなどの防寒グッズは忘れずに。

靴は底が滑り止めがついているものを履くようにしましょう。

長期滞在の場合は、防寒グッズ・ウェアを現地の大型スーパー・ホームセンターなどで買うのがおすすめです。
現地の方が安く買えることが多いですし、現地の寒さを体験してから買うものを決められるメリットがあります。

スポンサードリンク

コメントを残す

*