メガ恐竜展2015の混雑状況は?ベビーカーは使用できる?

夏休み、こどもに大人気の恐竜博物館が幕張メッセで開催されます。

迫力のあるユニークな展示に紀元前の生き物から古代文明など未知の世界に気軽にふれることのできる貴重な機会です。

そんなメガ恐竜展2015の開催日程や見どころ、混雑状況、ベビーカーの利用、オムツ替えなど・・・小さいお子さんを連れてく場合に知っておくと便利な情報を紹介します。

スポンサードリンク

メガ恐竜展2015の開催日程は?

  • 開催日:
  •  7月18日(土)~8月30日(日)

  • 開催時間:
  •  9:30~17:00

  • 開催場所:
  •  幕張メッセ 国際展示場11ホール

  • 料金:
  •  大人 前売:1,600円 当日:2,000円
     4歳~中学生 前売:800円 当日:1,000円

  • アクセス:
  •  <電車の場合>
      JR京葉線海浜幕張駅より徒歩約7分
     <車の場合>
      東関東道湾岸習志野ICより約2キロ

  • 駐車場:
  •  5500台 1,000円/1日

  • 問い合わせ:
  •  03-5777-8600ハローダイヤル

最寄り駅の海浜幕張駅から会場の幕張メッセまでは徒歩7分くらいです。
夏の暑い時期は7分でもツラいので、飲み物や帽子・タオルなどの日よけグッズの持参をおすすめします。

メガ恐竜展2015のみどころは?

今回の展示は、史上最大の陸上生物といわれる「竜脚類」にスポットをあて、
その巨大化の謎にせまる内容がメインです。

竜脚類研究の第一人者であるドイツのマーティン・サンダー教授による最新の研究成果が紹介され、最新研究を学ぶことがきでます。

ヨーロッパ最大のトゥリアサウルスの半身復元骨格は今回が日本初公開。
エウヘプロスやライスロナックスは全身骨格も日本でここが初めてです。

ほかにもクジラやマンモスの巨大生物や動く恐竜ロボットなど200点以上が展示されています。

開催期間の平日にはプレゼント企画も。
7月の平日(21~24日、27~31日)は、毎日先着1000名に「恐竜のウンチ化石のかけら」を、
8月の平日(3~7日、17~21日)は、先着300名に「アンモナイト化石」がもらえます。

メガ恐竜展2015の混雑状況は?

人気の博覧会であり、夏休みということもあるので、毎年多くの人が訪れます。
混雑はほぼ避けられないでしょう。

スポンサードリンク

その中でも比較的空いているのは土日よりも平日、
午前中よりも午後の方になります。

開催期間終了前(8月下旬)は混みやすくなるので早めに行くのがよいでしょう。

車で会場に行く場合は、午後だと駐車場が埋まっていて遠くに停めなけらばならない事もありますので、
あえて、開場前に行って早めに見てまわるというのもよいでしょう。

また、開催期間中は公式HPのトップに待ち時間が記載されてるので
そちらも参考にするといいかもしれません。

メガ恐竜展2015公式HP

会場でのベビーカー使用やオムツ替えは?

こどもに大人気の恐竜、小さいお子さんをお持ちだとベビーカーの使用やオムツ替えができるところがあるかが気になるところですよね。

恐竜博の順路は道幅が広めなので、ベビーカーを使用することはできます。
ただ、見る場所や時間帯によっては混んでいてなかなか進むことができないので気をつけなければいけません。

あと、駅から会場に向かうとき、歩道橋を歩いて大きな通りを横切らなければいけないんですが、
少し遠くに行くとエレベーターがあるので、それを使うと楽かと。
歩く距離は少し多くなりますが、ベビーカーを持って階段を上がるのは大変なので。

オムツ替えは会場内の女子トイレにベビーシート(おむつ交換台)が設置されています。
中央エントランスまで行くと授乳室があります。そちらでもおむつ交換台があります。

追記

混雑が予想されるイベントなので、チケットは事前に入手しておいた方が良いと思います。

前売り券は、ローソンチケット、チケットぴあ、公式ホームページ他で購入できます。

>>ローチケ.com
>>チケットぴあ

スポンサードリンク

コメントを残す

*