芝政ワールドに休憩できる日陰ってある?パラソルの持ち込みは可能?

福井県の芝政ワールドは日本海と芝生に囲まれた広大なレジャー施設です。
世界最大級のウォータースライダーがあるプールや、天然芝のパットゴルフにゴーカートやジェットコースターなどのアトラクションがあり、特に夏に家族連れで遊びに行くには最適なレジャーランドといえます。

丸1日遊べる広大なプールがありますが、休憩する時にレジャーシートを敷くことができる日陰があるといいですよね。
行く前にチェックしておきましょう。

スポンサードリンク

芝政ワールドに休憩できる日陰ってある?

とにかく敷地は広いく、芝生なので木の生えてる所や、スライダー(建物)のある方に行けば日陰は結構あります。
ただ、時間とともに日陰が動いてしまうので、ずっといられないのがネックです。

ウォータープールの周辺の芝生スペースにはパラソルが常設されているので、そこで休憩することができます。
プールサイド付近にもチェアつきのパラソルも幾つかあります。
ですので、日陰で休憩したい場合は常設のパラソルを利用するといいでしょう。
使用料はかかりません。

ただし、早い者勝ちなので、混雑時や遅めに行った場合は既に埋まってしまっていることも。

スポンサードリンク

芝政ワールドにパラソルの持ち込みはできる?

常設のパラソルは早い段階で埋まってしまうので、パラソルを持参するという手もあります。

芝政ワールドは、パラソルの持ち込みの規制や、設置の規制はほぼありません。
(あまりにも他の入場者に迷惑なら別ですが。)

パラソルではなく、テントを持って行って張っている方も結構います。
1日中いられるので、ジュースや食べ物をクーラーボックスに入れて持ってくるという人も。

混み具合にもよりますが、広大なスペースがあるので迷惑ということはありません。
日なたはそこにいるだけでも体力が消耗されますし、特に小さい子だと水遊び中は適宜休憩をさせなければなりません。パラソルやテントをお持ちの方はぜひ持参されることをおすすめします。

あと、芝生って意外と刺さらないので、パラソルを持参する場合はスタンド型のを用意するのがよいでしょう。

まとめ

芝生って直に座るのも気持ちいいですが、長時間だとちょっとチクチクしてきます。
パラソルやテントの下に敷くレジャーシートや簡易イスなども持っていくといいと思います。

また、夏休み期間の週末は特に混雑しますので、朝イチで行かれることをおすすめします。
ご家族で楽しんできてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

*