東京都現代美術館で開催オスカー・ニーマイヤー展の感想

「ブラジルのモダニズム建築の父」といわれる、オスカー・ニーマイヤーの日本における初の大回顧展が東京都現代美術館で開催されました。 それを見に行ったので感想をまとめます。 展示物のメインは設計画、模型、写真 建築家の展覧会ということもあり、ホンモノの建築物は展示されていません(当たり前)。展示物のメインは写真と模型、あとは設計画と映像資料となっています。美術品の展覧会みたく

続きを読む